.









ブラックジャックの攻略法



 【其の1】 見えていないカードは全て10と予想する



 ブラックジャックの基本は、ふせてあるカードや、次に引くカードを全て「10」と予想します。

 なぜかと言うと、「10」という数は、10、J、Q、Kと全部で16枚あり、これは全カード中の30%
になります。

 つまり約3枚に1枚は「10」を引く計算になります。同じように伏せてあるカードも10の可能性が
他のカードに比べて高いということです。

 ですので、 1番確率が高い「10」で予想し、流れを組み立てる事が長い目で見た勝ちにつなが
るということです。

 【其の2】 12は16よりも強い



 ディーラー(カジノ側)は「17」以上になるまでカードを引き続けるため、最後の手が「16」以下と
いうことはありえません。

 必ずディーラー(カジノ側)は「17」以上かバースト(21を超えてしまう)のどちらかとなります。

 という事は、プレーヤー(あなた)の手が「16」以下であれば、みな同じであると言えます。

 そして、「12」が「16」よりも強いと言える理由は、「12」より「16」の方が、Hitした時(次のカード
を引いた時)にバースト(21を超えてしまう)しやすいため、「12」は「16」よりも強いと言えます。

 なぜバースト(21を超えてしまう)しやすいかと言いますと、プレーヤー(あなた)の手が仮に「1
2」だった場合、次に引くカードが「10」以上であればバースト(21を超えてしまう)してしまいます。
この確率は約30%。

 仮にプレーヤー(あなた)の手が「16」だった場合、次に引くカードが「6」以上であれば、バース
ト(21を超えてしまう)します。この確率は約60%。

 つまり、「16」は「12」よりも、次のカードを引いてバースト(21を超えてしまう)する確率が2倍も
あるということです。よって「12」は「16」よりも強いと言えるのです。

 【其の3】 手が12以上で、ディーラーのUPカードが6以下の場合はスタンドする



 ディーラー(カジノ側)のUPカード(表向きのカード)が「6」以下の場合は、ディーラー(カジノ側)
がバースト(21を超えてしまう)しやすくなります。※Aceは除きます。

 その理由は、例えばディーラー(カジノ側)のUPカード(表向きのカード)が「6」の場合、ディーラ
ーのHOLEカード(伏せてあるカード)を「10」と予想します。

そうすると、 ディーラーの合計は「16」と予想でき、「17」以下なので、もう1枚自動で引かなけれ
ばならず、さらに「10」を引いた場合にバースト(21を超えてしまう)するからです。

 これはディーラー(カジノ側)のUPカード(表向きのカード)が「2」の場合でも同様です。

 そして、プレイヤー(あなた)の手が12以上の場合、次に「10」を引くとバースト(21を超えてし
まう)してしまいます。

 という事で、プレイヤー(あなた)の手が、たとえ「12」であっても、ディーラー(カジノ側)のUPカ
ード(表向きのカード)が6以下であれば、STAND(次のカードを引かない)するのが正しいというこ
とです。

 【其の4】 ディーラーのUPカードが7以上の場合(Aceを含む)、17以上で勝負する



 ディーラー(カジノ側)のUPカード(表向きのカード)が「7」の場合、HOLEカード(ふせてあるカー
ド)を「10」と仮定すると、「17」となります。

 という事は、ディーラー(カジノ側)はバースト(21を超えてしまう)しないため、プレーヤー(あな
た)は「17」以上のカードで勝負しないと勝てないという事です。

 【其の5】 手が9、10、11の場合、ディーラーを見てダブルダウンを考える



 ディーラー(カジノ側)のUPカード(表向きのカード)が「7」の場合、HOLEカード(ふせてあるカー
ド)を「10」と仮定すると、「17」となります。

 という事は、ディーラー(カジノ側)はバースト(21を超えてしまう)しないため、プレーヤー(あな
た)は「17」以上のカードで勝負しないと勝てないという事です。

 【其の6】 AceとAce、8と8の時はスプリットし、5と5、10と10の時はスプリットしない



 「Ace」と「Ace」の場合は、次に「10」を引く可能性からしても、スプリットした方が有利です。

 スプリットは、プレーヤー(あなた)に最初に配られたカードが同じ数だった場合に、それぞれを
別々に分けて、さらにカードをもらい、独立した2つの手として、扱うことができます。 

 「8」と「8」の組合わせの場合、スプリットしなければ合計で「16」となり、次に「10」を引いてしま
うとバースト(21を超えてしまう)してしまいます。

 ですので、「8」と「8」の場合は、プリットすることで、「10」を引いても「18」となり有利にする事が
できます。

 「5」と「5」は合計で「10」となる為、次に「10」を引けば「20」となりますので、スプリットしない方
がよいです。

 もしスプリットしてしまうと、次に「10」を引いた時に「15」となり、さらに「10」を引くとバースト(2
1を超えてしまう)してしまいます。ですので、「5」と「5」の場合は、スプリットしない方が有利です。

 さらに「10」と「10」の場合も、すでに合計が「20」ですので、スプリットする必要はありません。

 【其の7】  11以下は無条件でHitする



 「10」以上のカードは「Ace」を除いて存在しません。

 という事は、手が「11」以下の時はHit(次のカードを引く)しても絶対にバースト(21を超えてしま
う)しないということです。

 仮に「11」から「Ace」を引いても「Ace」を「1」と数えるれば、バースト(21を超えてしまう)しませ
ん。

 ですので、手が「11」以下の場合は何も考えずにHit(次のカードを引く)しても大丈夫です。

 【其の8】 ソフト17以下はディーラーの手を見てHitする



  「ソフト17」とは 「Ace」を「11」と数えた場合の「17」の事で、「Ace」と「6」の組合せがこれにあ
たります。 

 基本的に「ソフト20」(「Ace」と「9」の組合せ)以下の場合、次にHit(次のカードを引く)しても絶
対にバースト(21を超えてしまう)しません。

 それは「Ace」を「1」とも数える事ができるためです。

 そこでプレイヤー(あなた)の手が「ソフト17」以下の時、【其の3】の条件のように、ディーラー
(カジノ側)のUPカード(表向きのカード)が「6」以下であれば、STAND(次のカードを引かない)し、
「7」以上であればHit(次のカードを引く)してください。

 その理由は、ディーラー(カジノ側)のUPカード(表向きのカード)が「6」以下の場合は、【其の3】
で解説しているように、ディーラー(カジノ側)がバースト(21を超えてしまう)しやすいからです。

 ディーラー(カジノ側)のUPカード(表向きのカード)が「7」以上の場合は、勝負となります。

 そこで、例えば「ソフト16」(「Ace」と「5」の組合せ)の場合、次にHit(次のカードを引く)した数が
「2」,「3」,「4」、「5」の小さい数字であれば、強い手に変わります。

 逆に大きな数字を引いた場合でも、バースト(21を超えてしまう)する事はありません。

ですので、ディーラー(カジノ側)の手が「7」以上で、かつ、プレーヤー(あなた)の手が、「ソフト1
7」以下であれば、Hit(次のカードを引く)してください。

 「ソフト17」はHit(次のカードを引く)するかどうか迷う所ですが、トータル的な確率論では、Hit
(次のカードを引く)した方が有利です。

 【其の9】  インシュランスは基本的には使わない方が得



 インシュランスはディーラー(カジノ側)のUPカード(表向きのカード)が「Ace」の場合に使う事が
できます。

インシュランスとは、ディーラー(カジノ側)がブラックジャックになった時のために、保険をかけるこ
とです。ゲームに賭けている半額を保険料
として賭けられます。

  ディーラー(カジノ側)がブラックジャックになるかどうかを予想して保険をかけるのですが、これ
は基本的に使わない方が良いです。

理由はHOLEカード(ふせてあるカード)が「10」(10、J、Q、K)であるかどうかの確率は、13分の
4。つまり約30%の確率だからです。

それにディーラー(カジノ側)がブラックジャックであった場合も、配当が2対1のため、プレーヤー
(あなた)側には不利な条件です。

ですので、インシュランスは使わない方が得となります。

 【其の9】  インシュランスは基本的には使わない方が得



 インシュランスはディーラー(カジノ側)のUPカード(表向きのカード)が「Ace」の場合に使う事が
できます。

インシュランスとは、ディーラー(カジノ側)がブラックジャックになった時のために、保険をかけるこ
とです。ゲームに賭けている半額を保険料
として賭けられます。

  ディーラー(カジノ側)がブラックジャックになるかどうかを予想して保険をかけるのですが、これ
は基本的に使わない方が良いです。

理由はHOLEカード(ふせてあるカード)が「10」(10、J、Q、K)であるかどうかの確率は、13分の
4。つまり約30%の確率だからです。

それにディーラー(カジノ側)がブラックジャックであった場合も、配当が2対1のため、プレーヤー
(あなた)側には不利な条件です。

ですので、インシュランスは使わない方が得となります。
 【其の10】 カウンティングは通用しない場合が多い

 カウンティングとは、既に出ている(過去のゲームを含む)カードに点数を付けて、刻々とカウント
していく攻略法の事です。

 例えば、「Ace」、「10」、「絵札」は"-1点"。「7〜9」は"0点"。「2〜6」は"+1点"として、次々と場
に出ているカードの合計点数を計算していき、合計点数がプラスならプレイヤー(あなた)に有利と
考え、掛け金を多く賭けます。逆に合計点数がマイナスなら掛け金を少なめに賭けるという方法で
す。

こ れは確かに実際のリアルなカジノ場では有効かもしれませんが、オンラインカジノでは通用し
ない場合がほとんどです。

 なぜなら、オンラインカジノでは1ゲームごとや不定期に、全てのカードをシャッフルしているから
です。

 どのタイミングでシャッフルするのかを知ることができれば、この攻略法は絶大な威力を発揮し
ます!


< トップページへ戻る >

Copyright (C)  オンラインカジノ研究所. All Rights Reserved.




inserted by FC2 system